【退職】トラブルなく会社を退職するために事前におこなうべきこと

前向きな退職であれば、事前に再就職先を決めてから退職するのが普通です。

しかし、私の退職理由はキャリアアップなどいわゆる「前向き」な退職ではありませんでした。とにかく、誰にも攻撃されない・話しかけられない静かな環境で身の回りを整理したいと渇望していたのです。

退職後すぐにそのような環境に身を置くためには、トラブルなく退職する必要があります。

そこで、トラブルなく退職し、静かな環境を手に入れるために私が事前に行ったことをまとめました。

目次

退職する前に会社で行ったこと

前提:あなたがいなくても会社は回る。

しかし、速やかに回るか抵抗をもって回り出すかは、あなた次第。

前例から影響範囲を予想し、早めに退職の意を伝えた

まぁ、はっきりいって、退職そのものが会社には迷惑です。相当な問題社員でないかぎり。

理由は、せっかく会社が育成コストを払ったあなたが黙ってそのまま仕事を続けてくれればいいのに、新しい人を採用したり、その人に引き継ぎをさせたり、会社の利益に直結しないムダな行為が発生するからです。

たとえ、あなたが会社に教育された覚えがなかったとしても、少なくとも、あなたを採用したコストは発生しているはずです。

会社側としては、なるべくその被害を最小限度に抑えるために、一般的に就業規則(雇用契約書)において退職に関する届出期限を決めています。概ね、退職希望日の1か月前(中小であれば2~3か月)とされていることが多いです。

雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法 第627条第1項

民法上は上記のとおりですが、会社の就業規則においてそれよりも長い期間が規定されている場合、裁判例では退職の自由を制限するので無効とされるというのが基本的な方向性とされています。

まぁとにかく、跡を濁さず飛び立ちたいのであれば、規定に従っておくに越したことはありません。濁したい!と強く思っている方は別です。

さて、外資企業では、割とすぐに退職許可と後任決定が速やかに進みます。一方で、日系企業では、なかなか退職許可が下りなかったりします。理由は、外資企業は仕事に対して人を当てはめるジョブ制であるのに対し、日系企業では人に対して仕事を当てはめるメンバーシップ制であるためです。

私の会社では就業規則に2か月前との記載があったため、有給休暇の消化余裕も考え、それよりも前に辞意を伝えました。

退職届

突然様式を提出したり、ワークフローで申請するような文化が普通の会社であれば、そのまま届け出ればよいですが、あまりそういう会社は見たことがありません。

最初は口頭で上司に伝え、退職日交渉や、届出方法連絡を待つのが普通です。

自分の業務の後任がきまったら、速やかに、きちんと引き継ぎした

個人的には、口頭だけの引継ぎをする人や、資料を修正していない人は全く信用していません。

理由は、仕事に関する記録を残さない人は、自分本位で人を粗末に扱うことに対して何も思わない人だからです。だいたい、引き継ぎ書やマニュアルの修正を行わない人はこんな感じです。

  • 悪事やミスを隠そうと思っている
  • 自分さえ分かっていればいいと思っている
  • 自分ではなく他人にメモを取らせる等、人に労力を使わせることに対して悪いと思っていない
  • =自分より他人の時間の価値のほうが低いと思っている

オーナーや自己出資の社長は別です。自分の財で事業を運営しているので、どう行動しようがどうぞ。少なくともあなたが事業主ではないのならば、雇用契約期間中は、事業運営に支障をきたしてはいけません

私の勤めていた会社は、大変な中小企業で、事務員といえどもお客様との個別の関係が発生する会社でした。

幸い、超事前に伝えたこと、業務後任が課内に比較的均等に割り振られるよう尽力できたこと、書類・口頭での引継ぎを整え、退職時までに十分な業務移行期間があったため、お客様にご迷惑をおかけすることはありませんでした。

今後も仲良くしていきたい人との縁をつないだ

終活するなら、全員の縁を切ればいいじゃん?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな投げやりな気持ちになったことも人生両手で足りないほどあります。

しかし、今では、「結果として」縁が切れてしまうならそれでよく、縁が続くならそれでよいかな、という心情です。生まれた、生きてる、亡くなった、くらいはうっすら知っておきたいな、という人には勇気をもって縁をつなぎました

ご縁は大事

理由は以下のとおりです。

理由1 何かあったとき、相手がさみしい思いをするのは嫌だから

私が大変お世話になった人が病でなくなったとき、私はそれを知らず、しかも、長らく誰も教えてくれず、ふとした時に話に出て知った、という出来事があり、すごく悲しい思いをしたことがありました。

もし、年賀状のひとつでもやりとりをしていたのならば、知れたことでしょう。

数年たっても、最後どんなふうだったのだろう、と知らないからこそ思いきれない思いがまだあります。

理由2 好きな人には好きだと伝えたいから

恫喝されたり、馬鹿にされたり、粗末に扱われたりすることが苦手で、そういうことが自分にされると私はイライラしたり、悲しんだり、落ち込んだりしてしまいます。

一方で、客観的な事実をもとにこういうところが好き、尊敬している、仲良くしたいということを伝えられるのは、うれしく思っています。

自分がされてうれしいことは、人にもしてみよう、という単純な思いです。相手が迷惑に思ったならば、自然と縁が切れるでしょう。

迷惑かもしれない、と思ってなにも伝えないよりは、伝えてみて受け取るか受け取らないか相手が判断するほうがいいな、と思っています。

退職する前に家庭で行ったこと

前提:出来事が起こる前に知っていたのなら、納得してもらえることが多い

事前に家族の理解を得た

これには長い時間がかかりました。思い起こせば数年かかりました。社会一般で普通のことではないですし、1回で話して了承してもらえることじゃありませんから…

相手が自分よりも得意なことは一つくらいしかありません。そう考えてみると、今では家事代行サービスがありますので、実は私と一緒に暮らしているメリットは相手方にはありません。

でも、相手にとって自分に価値があると思ってくれているうちは、私の収入が失われようと、生活はできると思います。

もちろんあくまで現時点の話ですから、なるべく、人として曲がらないよう、努力していくつもりです。

やっぱり話し合うのは一番のトラブル回避策

退職後の家計について話しあった

理想や思いがあったところで、現実にはお金がないと生活はできません

結婚時に、お互いの資産や収入支出を開示し、ある程度のライフプランは試算してありました。もちろん、私にはそのようなことはできませんから、外部にお願いしました。

私が今退職しても、大きな変動要素がなければ、貧しくとも2人で生活していけることはわかりました。また、仮に離婚ということになったとしても、2年程度は私一人で暮らせるということがわかりました。

結果、退職後のお金の目途がいくらかたちました。 全然立っていませんでした(後日談)→見直しへ続く。

かつ、膨れ上がってしまった生活費を抑える訓練を1か月行いました。内容は以下のとおりでした。

  • 妻0、夫手取り減として手取りを仮定
  • 手取りから逆算した費用予算をざっくり設定。仕事に支障がでるため交際費は除外
  • 月末に費用を集計

訓練をしたことによって、「どれを我慢したら最も辛いか」「どれを我慢しても特に問題がないか」ということが分かってよかったです。

1か月になったのは、相手方が「耐えられるのは1か月が限度」とのことだったためです。これからは私に余裕ができますから、ひっそり縮小していきます。

まとめ

静かな環境で身の回りを整理したいと渇望したことから、トラブルのない退職準備をしてきました。

結果として、家庭でも職場でも、トラブルなくスムーズに終えることができ、関係者にもかなりご迷惑はお掛けせずに済んだのではないかと思っています。

しかしながら、後日手続き関係で仇を返されるのですが、これはまた次回以降に。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる