【雑記】生まれたことを認められるかどうか、そうではないか。つまりは自分が好きか嫌いかという違い

目次

ネガティブかポジティブかはこの世に生まれた自分を認められるかどうか

私はネガティブで面倒くさい人間です。
卑下・謙遜しているのでも、逆に高飛車なわけでもなく、単純に、そういう性質を持った個体であるということです。

だれか

後ろ向きな態度で不平不満を言いつのるネガティブな奴、
まじで面倒くさ

Danngo

ここに居てすみません…

遺伝か環境か、ということで悩んだこともありましたが、当然両方が影響します。いきものですからね。


私自身、人様に対して愚痴や文句、悪口を言わない両親に育てられた覚えはないので、遺伝とも環境とも言えます。

ネガティブな自分が嫌で、どうしたらポジティブな人間になれるのか、悩んだ時期もありました。


なぜこんなに人と自分は違うのだろう、どうしたらポジティブな陽キャのように感じよくなれるのだろう、と。

ポジティブで陽気な方は、人の心の光も闇も分かったうえで、人心に配慮できます。そうでない人もいますが、ここではそっと置いておきましょう。

明暗両方分かったうえで、他人に対して良い影響を与えようと心がけるのですから、人の心の機微に敏く、かつ、限定的であれ博愛的であれ、

人間愛のあるかなしかがポジティブ人間とネガティブ人間を分ける基準だと思っていたこともありました。
もちろんそれも直前の要因の一つです。

産まれながらに人間愛を持っている場合もあるし、
そうでなくとも後天的に人間愛(社会性)を持った場合もあります。
いずれの場合でもなるべくポジティブな結果を生み出そうと物事をとらえ、そのように動きます。

良く良くその人間愛について、いつから持っているか、当初持っていなかった場合はいつ愛を持ったのか、身近な方数人に聞いてみました結果、
自分がこの世に生まれたことを認められたかどうかということがその人間愛の前提条件としてあることに気づきました。

産まれてしまった事実はどうしたって変えられないのだから

  • 今の環境をできるだけ楽しく生きたい
  • 何事か回りの人間に役立ちたい
  • 現世で何かを必死にやって後世に名をのこす一事を成したい

と思っています。

ネガティブな人間は、頭ではわかっていたとしても、心からその事実を認めていられていないのです。


それは、日常の言動の端々に結果として表れて出てしまうので、周りの人間との摩擦を生んでしまいます。

ネガティブな人間で困ること

少なくとも、ネガティブ人間から極端なポジティブ人間が面倒くさいと思うように、ポジティブ人間からみたネガティブ人間の思考は大変面倒くさいものです。


理解できたとしても、事実は変えられないのに、いつまでも愚図愚図言って足を引っ張られているように感じるからです。

さらには、ネガティブな人はネガティブであるがゆえに、モチベーションに対して良い影響を与えません。
チャレンジの試行回数が多いほど、成功するチャンスは増えるからです。

結果として、公であろうがなかろうが、生きることが難しくなってしまいます。

ネガティブな人間指針は「諦観する」

もともと本質から違うのですから、生まれてきたことに感謝し、自分を愛せだなんて土台無理な話です。


悪く言っているんじゃありません。実感です。

とはいったって、自殺が法的には禁止されていないものの、安楽死や尊厳死が公に認められていない以上、生まれてしまったものを取り消すことはできません

もう、本質的に認められないのだ、ということを受容(諦観)して、なるべく周りにご迷惑にならないように行動するしかありません。

ご迷惑にならないようにする、というのは、卑下しているわけではなく、その方が生きやすくなるからです。

ポジティブ人間の行動をネガティブ人間なりに推測すると、以下のような評価でしょうか。

ネガティブ人間が面倒くさいポイント
  • 愚痴ばかり言って行動しない人のように感じる
  • せっかくポジティブに生きようとしているのに、隠したい自分の暗部を突く等の余計な行為をされているように感じる
  • 悲観的で、聞いているだけでなんかエネルギーが吸い取られる

以上を鑑みますと、ネガティブ人間がポジティブ人間のなるべくご迷惑にならない行動は以下のとおりでしょうか。

ネガティブ人間ができたら望ましい行動
  • リスクを挙げるばかりではなくて、たまにはポジティブに行動してみる
  • (事実そうであっても)人の痛いポイントを突かない
  • ネガティブだと認識した発言は墓場まで持っていくつもりでいる

なお、ネガティブ人間にも、ポジティブ人間よりも得意でありがたがられるポイントがあります。

ネガティブ人間がよくありがたがられるポイント
  • 慎重派でじっくりと事実やリスクを見て評価してくれる
  • 上っ面の人当りだけではなく、人の本質を見抜いている
  • ダウナーでどん底まで落ちているときに寄り添ってくれる


良きも悪きもあるネガティブ人間ですが、とはいえ、自分の中にため込むばかりでは、いろいろなデメリットもあります。

ネガティブ人間が注意すべきこと

自分に余裕がない状況になることを避ける

ネガティブ人間は、ただですら自分のメンタルの面倒を見るのが大変です。


あれやこれや心配になり、生真面目に考えて問題の本質を解決しようとしたりします。

自分に余裕がないと、よりネガティブなことを考えがちです。


社会的役割は別にして、自分のストレス許容度をしっかりと自覚して、余裕を保つ必要があります

自分よりも愚痴を言う人から身を離す

特に、思春期の中学生に良く見受けられます。
ネガティブ人間が、自分を理解してほしくて「共依存」を求めてしまいがちです。


共依存とは、自分と特定の相手との関係性に過剰に依存してしまう状態です。

「溺れる者は藁をも掴む」。
実際におぼれている人に浮き具ではなくて、自分の身を投じて助けようとして亡くなるパターンはとっても良くあります。

確かに、ネガティブ人間は同じネガティブ人間の気持ちはよぉく分かります。


しかし、わき目も降らず浮くか浮かないかの判断もできない人に、流される力に加えて自分と他人とを助け上げるだけの浮力のない自分を投じても仕方ありません。

まずは、自分の身を安全を確保しましょう。


余裕があれば、20人がかりくらいでちょっとずつ話を聞いてあげましょう。それ以上の愚痴は断じてNOを言えるように。

ネガティブを改善したいという思いを食い物にしようとする人に気を付ける

これは要領の良い人間からの利用に気を付けましょう、という注意です。

長時間労働、重介護・育児、お金を必要とする会の人数合わせ…

生真面目であるが故に社会的役割の押し付け役に、体よく利用されやすいです。


押し付けてきた人との人間関係を振り返ると「何にも残っていません」。すっからかんです。


時間とお金と自分の記憶容量とメンタルの無駄遣いでした。(ということが分かっただけ学びがあったかもしれません)

ネガティブ人間は、割と孤独に強いはずです。
緊急事態にも焦らずに対応することができたりします。


その貴重な資源は、自分と自分から大切だと思える人や事柄に使いましょう。

Danngo

ネガティビストとして応援しています

———————–

同じく生きづらいと日々感じていらっしゃる
同士の皆さんが思ったこと感じたことを綴っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ

貴方にとって良い1日になりますように。
———————–

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる