【終活】子なしが自筆証書遺言保管制度を利用してみた経緯と手順

遺言というのは、自分が死んだときに自分の財産の承継について自分の意思を反映させるもので、民法に定められた法的行為です。

法的には、民法961条によって「十五歳に達した者は、遺言をすることができる。」と定まっているので、私も遺言を残すことができます。

Danngo

「もしも」はいつ起きるか分からないから

結婚をしてから、やらなきゃやらなきゃと思って放置していた遺言について、ようやく取り組むことにしました。

目次

自筆証書遺言保管制度を利用するにいたった経緯

理由1:子供がいないため自分が死んだとき「法定相続」にはしたくなかったから

私には子供がいません。また、私には異母兄弟がいます。

まず、法定相続とは何なの?遺言でどう変わるの?という所がまず始めに来るギモンだと思います。

子なしの法定相続と遺留分

遺言を残さなかった場合は、もしも私が死んだとき、望むと望まざるとにかかわらず、法定相続人として規定された人達が法的には被相続人になります。法定相続分は、あくまで目安だそうです。

つまり、その人が望んでいなくても相続財産協議をしなくてはならなかったり、相続放棄をしなくてはならなかったり手間を発生させてしまうことになります。

Danngo

例えばだれか兄弟が死んだとして
現時点では金<コミュニケーションストレス

一方で、遺言を残した場合は、基本的には遺言書どおりに相続され、「遺留分」として最低限の取り分として法的に認められた人が認められた分までの請求をすることができます。

私には子供がいませんから、父母が存命しているときは配偶者+父母、父母が存命ではないときは配偶者+兄弟が相続人となります。

また、持分の話もあります。

遺言を残しておけば、父母との間では配偶者に多くを残してあげることができますし、兄弟との間では遺留分を発生させないことができます

親が遺留分を請求したいと思った場合は、請求すればよろしい。

兄弟との間では、コミュニケーションが割と断絶していることと、皆有業者で忙しいので、戸籍を取ったりだのなんだのいろんな手間を発生させたくないなと思っています。

理由2:公正証書遺言を残すには年齢が若いから

遺言書の公式性で言えば、公正証書遺言>自筆証書遺言です。

有効性には変わらないという話もありますが、公証人が立ち会って作成する公正証書遺言と自分で作成する自筆証書遺言では、形式的な間違いの有無や、記載内容の抜け漏れなど、やはり自筆では少し不安があります。

ただ、私が残しておくのはあくまで「もしも」の時のためで、死期の近い老人としてほぼ確定的な遺言を残すわけではないので、現時点でそこまでカッチリしたものを残す必要はないかな、と思っています。

また、これから身分関係が変わっていく可能性もありますから(離婚しない保証はない)、内容の変更のことを考えると、手続きは簡単なほうが良いです。

公正証書遺言では、費用として財産額に応じた公正証書作成手数料が発生しますが、どんなに財産がなくとも最低でも5,000円~必要になります。

理由3:2020年7月に法務局で自筆遺言を保管してくれる制度が始まったから

保管制度が始まる前の自筆証書遺言の問題点は、「そもそも遺言があるのかわからない」「あったとして、本人が遺したものなのか分からない」といったことが挙げられます。

この自筆証書遺言書保管制度ができたことによって、これらのリスクがなくなるのです。

  • 遺言書の紛失・亡失のおそれがない
  • 利害関係者による遺言書の破棄,隠匿,改ざん等を防ぐことができる

参照先:法務省  自筆証書遺言書保管制度

あとのメリットは、法務省の上記サイトに詳しいので見ておいてください☺️

私は夫に「保管しました」と伝えたので、私が死んだときに夫が生きていて、ボケてもおらず覚えていれば遺言書にたどり着くことでしょう。

さらに、先に記載した公正証書遺言の手数料は最低でも5,000円~であるのに対し、こちらは遺言書1通につき3,900円なので安いです。

気軽に遺言遺そう~と思っている人にはちょうどいい制度です。

※自分が死んだときに所定の人にお知らせすることもできます。もし、後述の「保管申請書」にその旨を記載した場合は、その方に自己の死亡について遺言書の保管がある旨の連絡がいきます。しかし、所定の人が転居した際や亡くなったときなど、自分以外にも所定の人の「変更」の届出をしないといけないというデメリットもあります。

自筆証書遺言保管制度を利用した際の手順

遺言書の保管の申請ができるのは,遺言者本人のみです。

自筆の遺言書を作成する

法務局では、データスキャンをするため、余白などが規定されています。

様式不備でせっかく出向いたのにおじゃんとなってしまっては意味がないので、法務局のホームページから、規定の余白などを取った遺言書様式をダウンロードし、印刷しました。

参照先:自筆証書遺言書保管制度-遺言書の様式等についての注意事項

その様式に自筆・消えないボールペンで、遺言を書いていきます。

私は財産が多いわけでもなく、資産の種類も最低限なので、法務省のホームページを参照し、形式的に問題のない形で記載するだけでした。

まだそうそうすぐに死ぬと思っていないことと、包括的な内容にしたかったため、シンプルな記載にしました。

遺言書保管所では,遺言書の内容や有効性に関する相談は受けられないので、心配な人は弁護士等の法律の専門家に相談すると良いでしょう。

遺言書保管先を決める

保管する法務局は、以下の3つの中から選択することができます。

  • 遺言者の住所地を管轄する遺言書保管所
  • 遺言者の本籍地を管轄する遺言書保管所
  • 遺言者が所有する不動産の所在地を管轄する遺言書保管所

私は本籍地に保管することにしました。理由は、以下の2つがポイントとなりました。

遺言書保管先を決めた理由
  • 自分の本籍は基本的には、死ぬまで移動させない予定だから
  • 今後転居する可能性は高いので、住所地には保管したくなかったから

これは、人それぞれですから、各自のライフスタイルに合わせて決めるといいと思います。

法務局の予約サービスを利用して予約する

法務局手続案内予約サービスの専用HPから、本籍地管轄の法務局への来庁予約をしました。

※保管制度は完全予約制となっています

参照先:自筆証書遺言書保管制度 予約 〜予約をお取りください!〜

ネットから予約した後すぐに、法務局のご担当者の方から「住所地と違うので念のため確認です」と電話がありました。

本籍地でないのに、自分の本籍地とは違う法務局で予約してしまうことがよくあるみたいです。保管の際に、証憑としてどちらにしろ「本籍」と「筆頭者」を表示させた「住民票」が必要となるので、住民票を先に取得した方が良いです。

住民票に記載された「住所」と「本籍地」を確実に確認してから法務局を予約しましょう。

来庁までに遺言書の保管申請書の作成と、証憑資料の準備をする

法務局から「遺言書の保管申請書」の申請書様式をダウンロードし、記入例を参照しながら入力します。

参考:自筆証書遺言書保管制度 申請書/届出書/請求書等

「住民票の記載通り」の表記で記載する必要があります。

  • 住所の記載表示「番」「号」など
  • 戸籍の記載表示(マンション名がないなど)

住民票に記載の通り一言一句同じように書かなくてはいけません。それを知らずに記載したものですから、現地で職員の方に二重線訂正のご指示をいただきました。

間違えても基本的には修正指示いただけますが、手間もかかるので、住民票の表記を見ながら記載していくのが良いです。

申請書と遺言書、住民票、顔写真付き本人確認資料等を持って、予約時間に法務局へ行く

意外とまだ利用者がいないみたいで他の人がいませんでした。

窓口に到着すると、まずは、形式の確認をしてくださいます。申請書・住民票などを提出し、間違いが多い場合は修正指示をいただけます。(私は間違いが多かったので別の場所で対応いただきました)

自筆証書遺言保管のために持って行ったもの
1.遺言書
2.記入した「遺言書の保管申請書」
3.住民票の写し

・届け出前3か月以内に発行のもの。

・マイナンバー&住民票コードは「表示しない」

・本籍は「表示」

・筆頭者も「表示」

4.マイナンバーカード(顔写真付き身分証明書として)

・免許証でも可。コピー取られます。

5.手数料

・届け出先の法務局で買えます。

・「保管できない」こともあるそうで、基本的には担当者の指示があってから買いに行っても十分です。私は買って貼付しない状態で持っていました。

法務局にて保管されるのを待つ

当初「30分ほどお待ちください」と言われましたが10~15分くらいだったと思います。番号を渡され、以降は番号で呼ばれます。持っていた印紙は「スキャンが終わった後に貼ってください」と言われました。

私は法務局の様式をダウンロードして記載したので、スキャンできないということはありませんでした。柄入りの便箋などに記入される方がいらっしゃるようで、模様が映りこんでしまったりしてダメなこともあるようです。

もし自分で用意した書式を用いるような場合は、印紙はOKが出た後に購入した方が良いかもしれません。

担当者から「保管証」を窓口で受け取る

無事保管が完了すると、「保管証」が発行されますので、それを受け取って帰ります。万が一紛失をしても検索をできるようにはなっているそうです。

自筆証書遺言保管制度を利用した感想

今の自分の気持ちを反映できた

人間いろいろと変わってゆくもの。遺言の変更については、前のものを「撤回」して、新しいものをまた手数料をはらって「保管」することになるそうです。

とはいえ、私は、自分の人生で結婚してくれた夫のおかげでとても救われていますし、感謝しています。この「今」の感謝を反映することができたと満足しています。(マイナスの場合も相続されることは伝えてあります)

自然災害が多く、国際情勢も複雑な昨今、いつ死ぬかわかりません。とにもかくにも、明日死んでも大丈夫、という安心感が湧いています。

周りが思ってもいないところで発生する手間を減らすことができた結果、後顧の憂いが減った

はっきりいって、自分の資産は現時点でほとんどなく、また、将来は死んだときむしろマイナスになる可能性が高いです。

兄弟は疎遠。仕事に加えて、皆自分の子供のことや、義両親、義兄弟対応で忙しいです。

そんな中ある日突然「負債が降ってきた!」ということになっては、戸籍を取ったり相続放棄したり、はたまた相続放棄が巡りめぐって思わぬ人に負債が飛んで行ってしまったり…

いつ死ぬかわかりませんが、とりあえず特に仲の良くもない親族のために時間や労力を取らせるのは気が引けます。これで兄弟に迷惑がかからなくなったというのは、私にとっての心配材料が亡くなりました。

正直、今の私にはそんなにストレスがないので、多分一番長生きするのは私になるでしょうけれど、備えあれば憂いなしです。

早くマイナンバーを連動させれば良いのに…

いろんな人権問題や利害が絡むので、そうそうにはうまくいかないでしょうが、戸籍を含めて全部がマイナンバーに紐づけば、もっと行政効率は上がるのにな、とつくづく感じる手続き方式でした。

もともと個人情報に厳しく、また、一定の村社会性が残る日本では受け入れづらい風土があるのかもしれませんね。

まぁこれは余談の感想です。

Danngo

総じて「やって良かった」

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる