皆どうしてそんなに節約上手なのか~DINKs25万円の衝撃~

40代からのFIRE戦略 賃貸・持ち家、子あり・なしでFIRE目標額と達成年齢はどう変わる?を拝読しました。

とてつもない衝撃を受けました。

目次

生活費を見て受けた衝撃

何に衝撃を受けたかって、
夫婦の生活費が家賃10万一般生活費15万の計25万円だったということです。

高すぎて、というのではなく
節約上手すぎるのでは?という衝撃。

でもこれ、どうやら一般的である(むしろもっと切り詰められるとされている)らしいのです。
我々夫婦の意識が低すぎて土下座したいくらいです…。

正直日々を生き延びるのが精いっぱいで「きちんと生きる」ことに向き合ってこなかったので、安穏と考えなしに生活してきたということはあります。

それにしたってやりくり上手すぎるのでは?
DINKsとは、私と同じ子なしの人々ということですよね。

高所得で費用も沢山かけていらっしゃるのかと勘違いしていました。
むしろ我が家がセレブごっこをしていただけという裸の王様悲しい真実。

確かに、今から生活水準を下げていかないと就労しなくなってから生活費を下げられるなんて思ったら大間違いですよね。
何を勘違いしていたのか…

夫にも読んでもらって夫婦二人で生活費の軌道修正をしていかなくては。

生きていくのに必要な生活費と資金の関連とは

FIRE年4%運用論によれば、
”年間生活費×25倍の貯蓄が必要”とされているので
月生活費が低ければ低いほど必要資産は少なくて済みます。

少なく暮らすことが必要資産を低く抑える重大な要素の一つになることは、そりゃぁ頭ではわかっています。
しかし生活費の予算が適正かどうか、
そして生活費予算内で暮らすという行動ができるかどうかはまた別問題です。

あまりピンとこないのですが自分たちが準備できそうな資産額を確認して、それを超えたら破産なのだと重々自覚するしかないですね。

FIREまでの月生活費と必要資産額

月生活費必要資産額
10万 3,000万円
15万 4,500万円
20万 6,000万円
25万 7,500万円
30万 9,000万円
35万10,500万円
40万12,000万円
45万13,500万円
50万15,000万円
FIREまでの月生活費と必要資産額のメモ

こうしてみると、確かに月生活費で恐ろしいほどの差がでますね。

1月から予算制を布いているものの、その”予算”が適切かはまた別の問題です。

パッと切り替えられるに越したことはないのですが、意識低い系我が家の場合、ダイエットと同じで無理な節約はリバウンドにつながる気がしています。

とりあえず、当面はあまり高すぎる目標は置かず、今目の前の低い目標からクリアしていくことにします。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる